B型の女性の適職は?

仕事の悩みを解決するために、本当に自分に合う適職を探しましょう

特集記事

About me

中小企業の人事担当を長くやっていますが、女性の職場での活躍を推進しようというスローガンの割には女性に対して手厚いケアをしている企業は少ないように思います。その証拠に私の会社でも、何の不満もなく働いていると思われた女性が突然辞職願を提出してくることがあるのです。寿退社ならおめでたいことなのですが、たいていは会社に対する不満や、相談できない悩みが積もり積もっての退職です。辞めようと決心した女性の決意を覆すことは難しいので、せめてそうなる前に悩みを解決できる社内体制作りを目指して経営層と日々打ち合わせをしています。その会社の趣旨とは外れるのですが、そんな仕事の悩みを持つ女性の解決の糸口と、何も考えずに辞めてから途方に暮れる人たちに正しい転職の準備の方法をお知らせするのも大人の務めと考えて、個人的にこのサイトを開きました。

1つのことに一直線?B型女性の適職

B型はAB型に次いで日本人には少ない血液型です。B型の女性は、マイペース人間と言われることが多く、気にいった仕事であればどこまでもとことん追求していきますが、気に入らない仕事だとペースダウンする傾向にあります。好奇心旺盛で、活発で天真爛漫、ユニークな発想の持ち主でアイデアも豊富、行動力があって、プレッシャーに強く、他人の考えに左右されることはあまり無いようです。


B型の仕事に対する姿勢

仕事に関して見ると、B型はユニークな発想で企画力もあるため、目標が明確であれば、すぐれた企画を完成させる力を持っていると言えます。その反面、計画性がないこともあり、現実味の乏しい企画案を出すこともあります。一つのことに計画性なく一直線で進むのですが、その進んで行く場面場面での展開に応じた対応が得意なようです。一直線に進むという性格と多少矛盾しているようですが、臨機応変に機転を利かせられるということですね。

B型の女性の適職

B型の適職は、企画力もあり、臨機応変な面も持ち合わせているので、提案型営業などに向いているようです。しかし、マイペースな部分が出てくると、営業に支障が出てくるため、近くにA型人間のようなサポートしてくれる人がいるといいかもしれません。B型の人は、自分の個性をうまく活かしていければ、仕事の上での成功を納めることができますが、マイペースな部分が大きく見られるため、終身雇用にはこだわらず転職によってキャリアアップを図ることができるタイプと言えるでしょう。
通常の会社勤めにはあまり向いているとは言えず、アイデアや企画力を活かした、クリエイティブな仕事に向いていると思われます。職種としては、提案型営業が必要とされる職種、コンサルタント、デザイナー、芸術関係、芸能関係、サービス業などが適任ですね。

B型の注意点

B型は、興味のあることには夢中で一直線に取り組みますが、飽きっぽいところがあるため要注意です。計画性がなく、思いつきでスタートする事業は、失敗する可能性が高いので、事業を起こそうと考えている人は、よく考えてから事業を始めることをお勧めします。また、A型の人のサポートを得られると、B型の発想と企画を活かして持続的に事業の推進を図れますが、B型はチームを組んでの仕事にはあまり向かない傾向があるので、突然辞めることがないよう注意が必要です。

※いずれにしても、血液型による性格の判断や適職の紹介は、あくまでも傾向であり、決定しているものでなければ、絶対的なものでもありません。迷った時などになにかの参考にしていただければと考えています。